40代の薄毛治療~ヘアコンプレックスを解消する方法~

笑顔の男性

髪の悩みを解決するために

スーツの男性

男の抜け毛の原因

昔から男にしか起こらない抜け毛があります。それは、AGAと呼ばれる脱毛症のことです。なぜ男にしか起こらないのかと言うと、AGAを引き起こす物質がジヒドロテストステロンと呼ばれる、男性ホルモンとして知られるテストステロンからできた物質だからです。ジヒドロテストステロンは、頭皮の毛根部に働いて髪の毛への栄養供給を阻害してしまうため、やがて髪の毛は細くなり、抜けてしまうことになるのです。そして、何もしないで放置しておくと、その毛根から再び髪の毛が生えてくることはありません。そこで、貴方が抜け毛で悩んでいるのであれば、その悩みを解決するために、AGAを専門で診てくれる病院をインターネットで探して、実際に訪れてみましょう。

個人輸入が増えていく

病院に行ってAGAだと判れば、治療薬を処方してもらえます。AGA治療薬の成分としては、フィナステリドが最も有名で、元々は前立腺肥大を治すために開発された薬でした。そして、フィナステリドの予想外な副作用が、髪の毛の再生効果だったのです。今では、フィナステリド製剤のジェネリック医薬品が海外の製薬メーカーを中心に製造されるようになり、病院に行かずとも個人輸入を行ってフィナステリド製剤のジェネリック医薬品を入手する人が増えてきています。現在のところ日本では、AGA治療は自由診療となり、病院で処方されるフィナステリド製剤には健康保険の適用がありません。ですから、患者が薬代の100%を負担しなければならず割高に感じるため、これからも個人輸入が増えていく可能性が高いのです。